“箱”で差がつく引き出物

21世紀ブライダルギフト白書 vol.4 “箱”で差がつく引き出物
思わずとっておきたくなる箱 そうじゃない箱

箱がかわいいと、うれしさも倍増!

むか~しむかし、あれはまだ小学生だった頃。和紙でコーティングされた二段引き出し型の箱を、小物入れとして使っていたことがある。サイズ的にも申し分なく、香りつきのティッシュやお気に入りのシールなど、宝物を大切にしまっていた。
これはもともと、引き出物だったか引き菓子だったかが入っていた箱。もっと使いたいと思わせるしっかりとした作りとかわいらしい模様が、幼い私の心を捉えた。それは、ギフトを入れるための箱が、別の人生を歩み始めた瞬間でもあった・・・。

それからというわけではないけれど、物を買ったり何かをもらったときは、使えそうな箱は必ずキープしている。サイズが小さめのときは、タンスを小分けするために。そこにあるだけでオシャレな場合は、カードの明細なんかを溜め込んで棚に無造作に置いてみたり。ギフトBOX並みのクオリティであれば、プレゼントの包装として再利用することも。

引き出物や引き菓子をいただけば、幼い頃の思い出のせいか、箱への期待はより強くなる。現実はなかなか理想形に出会えず、第二の人生が難しいと判断された箱は、資源ゴミの日にリサイクルへ。仕方ないとはいえ、心は痛む。せっかくもらったギフトの一部なのに、なんだか申し訳ない気がするのだ。どうか花嫁さん、箱にも未来を~!

見つけた、箱にもホンキな引き出物

ただの紙製じゃなくて、見た目もゴージャス。しかもずっと手元に置いておきたくなるような箱を使ったギフトがあればいいのに。「何よりエコだしね」なんて話をふともらしたら、先輩が「知らないの?」と、とある引き出物ブランドを教えてくれた。その名も『wOOt!』。なんでも箱のコーティングにシルクやスエードといった高級感あふれる素材を使っているらしい。そんな理想的な箱があるなんて、コレクターとしては見逃せない! さあ、お手並み拝見。

『wOOt!』は、ブライダルギフトやウエディンググッズのセレクトショップ、bridal in project(ブライダル・イン・プロジェクト)のオリジナルブランド。公式サイトでも購入は可能だが、完全予約制のショールームでは、ギフトや箱を手にとって見ることができる。
箱をチェックする前にまずはギフトを、と目に止まったのは『ローレル5ディッシュ』(写真左)。その名のとおり、月桂樹(ローレル)をモチーフにした小皿のセットだ。プラチナを施しただけあって、華やかな見た目が美しい。ちなみに月桂樹の花言葉は「栄光、尊敬、輝ける将来、心遣い」。ゲストを思う気持ちが実は花言葉に託されているなんて、知る人ぞ知る感があってイイ。パスタやカレーを盛り付けるのに便利そうな『フェリチターレボールセット』(写真中央)は、真っ白だからこそ、どこのお家の食卓ともマッチしそう。イタリア語で「幸せになる」という意味の言葉が冠されたネーミングもポイントが高い。『シューシャインセット』(写真右)は、靴のお手入れに必要な道具がコンパクトにまとめられている。男性向けのギフトって難しいけれど、これだと出張や旅行に持ち運びができて喜ばれるのでは?

ローレル5ディッシュ

『ローレル5ディッシュ』。トレンドを意識したシャイニーかつグリッターなアイテムをそろえた<kirakira>シリーズより

フェリチターレボールセット

家族の団欒をイメージした<waiwai>シリーズの『フェリチターレボールセット』

シューシャインセット

ポーチ入りが便利な『シューシャインセット』。男性ゲストを意識した<shaki>シリーズのオススメ

白金のショールームをのぞきがらデートを

と、商品をチェックしながらふと気づいたのだが、こちらひとつとして同じ箱がない。なぜなら、ギフトそれぞれと最も相性のいい素材やカタチ、色を吟味した上で、専用の箱を作っているからだ。ゴージャスな箱も2~3種類くらいと思っていたが、まさかここまで強いこだわりを持っているなんて! これなら気に入った素材や箱のカタチからギフトを決めても面白いかも。
 「人とは違う引き出物を贈りたい」というアナタは、一度“箱”にも焦点をあててみてほしい。これまで見たことのない個性的な“箱×ギフト”は、きっとゲストを満足させる。

ショップの所在地は、セレブ感あふれる街、白金。完全予約制のショップでVIP感を味わいながら、引き出物選びを楽しもう。そのまま街をブラブラしたり、オシャレなレストランやカフェでまったりしたりと、デートプランもじゃんじゃんわいてくる! もちろん引き出物だけでなく、プチギフトやウェルカムボードなど、ウエディングアイテムも多数取り揃えられているので、結婚準備中のカップルなら、充実の時間が過ごせるだろう。
ウエディングという期間だけに訪れることのできる、特別なセレクトショップ。店のハコまで、イケてます。

(記事:谷口千佳)

『wOOt!』のブランド名は、“Want One of Those”の頭文字をとったもの。「僕(私)これ欲しい!」という意味を持つ言葉が指すとおり、贈り手も思わずほしくなってしまうようなアイテムが揃う

Information

代官山から白金に移転し、リニューアルオープンした
bridal in projectの東京ショールーム。
完全予約制のため、来店前に必ず電話予約を!
※名古屋店もあり

bridal in project東京ショールーム
TEL: 03-5784-3280
FAX: 03-5784-3290
営業時間: 11:00~19:00
予約受付定休日: 日曜
ACCESS: 都営三田線白金台駅より徒歩5分

bridal in project名古屋ショールーム
愛知県名古屋市中区錦3-24-24 JPR名古屋栄ビル7F
TEL: 052-875-7722
営業時間: 11:00~20:00
定休日: なし
ACCESS: 地下鉄東山線栄駅より徒歩1分

wUUt!
バックナンバーを見る

ページトップ